オンキヨー世界点字作文コンクール ONKYO WORLD BRALLE ESSAY CONTEST

最優秀オーツキ賞 西アジア・中央アジア・中東地域 「国際社会のための教育」
パキスタン  モハマド・イクバル(27歳・男性)

 人間の好奇心は、宇宙探検を可能とし、地球という惑星を地球村にしたが、この好奇心はおそらく、人間の資質に組み込まれた最大の美徳だろう。人類学者たちはこの観点から、統合され組織化された現在の人間社会は、社会や文化の進化の産物だと主張している。そこでは、個人や社会制度は、全ての人々のために確立された普遍的な社会システムに変貌している。古典的な考えを持つ人々は、進化のプロセスには多くの因子が関わっているというだろうが、今日では、社会変革をもたらす主要な要因は教育であるとの考え方が優勢である。文化を次の世代に伝えるのは教育である。教育は普遍的人権であり、学習の機会を平等に与えることによって、人や国家間の不平等が減り、大衆の交流が促進されて、様々な背景を持つ人々が多文化の環境を経験する。研究開発が常に行われているので、教育は技術の発展とも結びついている。このような発展は、個人のレベルでも制度的なレベルにおいても、人々の生活に影響を与えてきた。例えば、コミュニケーションや交通・輸送の手段が進展したことで、グローバル化や文化の伝播が加速し、世界中の多くの人々にとって、社会文化的適応は難しいことではなくなった。

 教育の大きな進歩により、多くの国が、多様な背景を持つ学習者に、グローバルな文化を経験させるための様々な交流プログラムを開始した。このような交流の機会は、学習者の進歩や国の繁栄により、大きな影響を与えている。低中所得国の学生には良質の教育を受ける機会が限られていることが、研究によって示唆されている。従って、広範な交流プログラムは、夢を実現したい人々にとって魅力的である。この国際教育モデルは、様々な事柄に貢献する。学生にとっては、コネをつくり、就職口を見つけることで、人間的成長の主題となり得る。受け入れ国にとって、それは国際的な調査研究の魅力的な源泉であり、送り出し国は、それを将来の専門的労働力と見なす。これはグローバル化がもたらした良い結果だと考えられる。以前は、それぞれの文化が孤立して発展していたので、異なった背景を持つ人々は、離れたところにあるコミュニティについて多くの誤解をしていた。そのように分極化した世界は、経済的に不利な立場にある多くの社会にとって、非常に危なっかしいものだった。しかしながら、科学の発展は続き、人間の好奇心は、全ての人々のための平和、平等、統合そして尊厳の文化をはぐくむために、いくつもの発明を抹消した。この意味において、教育がもたらした影響は非常に大きい。教育によって、人々の距離が縮まり、紛争解決のための戦略が策定され、国家間の関係が構築されたからだ。それだけでなく、社会制度も、グローバル化社会の新たなニーズを満たすために、その役割が大きく変化し、もはや伝統的な形態では存在しない。

 経済や政治、宗教と同じく、教育はそれ自体が社会制度であるが、現在のグローバル化された教育システムは、これらの制度をより統合された枠組みに変容させた。例えば、現在の知識集約型経済は、国々が国際市場で利用可能な技能労働者を受け入れ、進んだ技術革新を行って、国際貿易に貢献することを可能にする、幅広い概念である。同様に、政治的状況は、以前に比べてより民主的になっている。このことが、普遍的寛容、言論の自由の尊重や人権意識の広がりにおいて、教育がその役割を果たしていることを示している。平和維持、国際協力および開発、普遍的人類愛、全ての人々に対する機会平等において、極めて重要な役割を果たしている国連のような国際機関の形成においても、教育の役割は顕著である。宗教についても、教育機関が宗教的寛容のメッセージを広め、異教徒間の調和のための対話を行い、宗教をあらゆる形で尊重されるべき相対的主題と見なしている。

 対象範囲の広さを考慮に入れると、教育が国際社会にとってどれほど重要かがわかるだろう。ダイナミックで進歩的な方法で教育が行われれば、人間生活のほとんど全ての側面に影響を与えることができる。要するに、教育は全ての文化背景において、社会変革のための強力な手段であり、国際社会の変革のための強力な手段でもある。上記の議論から、教育は、社会発展の多くの次元を反映していることがわかる。だからこそ、教育は国際的な開発計画において、常に必須の分野となっている。例えば、持続可能な開発のための2030アジェンダの4番目の目標は、明らかに教育に特化されている。世界が、貧困を撲滅し、性の平等を達成し、働きがいのある人間らしい仕事を推進し、全ての人々を包摂する環境を構築することに専心するのなら、世界中の誰一人も取り残さず、全ての人々が包摂的で公平な良質の教育を受けられるように努めるべきである。