ブランド&コラボレーション BRAND COLLABORATION

ONKYOミニチュアコレクション

  •  

     

     

     

    オンキヨーが完全監修した「ONKYO ミニチュアコレクション」が、全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、オンラインショップ、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店、上野ランドなどで2020年8月18日より販売されます。(製造・発売元:株式会社ケンエレファント)
    Onkyoの歴史ある名機が時を経て再現度の高い手のひらサイズのミニチュアフィギュアになって再登場です!

    CD、カセット、レコードが取り出せたり、トーンアームが動かせたり、アンプに付属するケーブルはレコードプレーヤーもしくはカセットデッキにつなげることもできたりと、細かいギミックが盛りだくさんで、ミニチュアフィギュアとしての魅力がたっぷり詰まっています!
    また、グリルネットの質感やスピーカーの木目なども驚きの再現度です。
    各モデルの縮尺も合わせ、集めて飾っても楽しめます。

    ミニチュアコレクションの紹介

    • 01 M-6
        [スピーカーシステム]

      発売:1975年
      価格(当時):¥52,000

      ※グリルネットは両スピーカーに付属します。

      大ヒットを記録したスピーカーシステム

      スピーカーでトップの座を勝ち取ろうという目標の下、全ての部品を一から見直し、開発したスピーカーシステム。目指したのは、低域から高域まで万能に鳴らすのではなく、ボーカル系のポップスやJazzを軽快に躍動感ある音で鳴らすスピーカー。
      ツィーターは完全オリジナル設計で、ドーム型のチタン振動板にカーボンコーンをプラスした複合振動板が採用され、バッフル板にはオンキヨーが初となる米松合板を使用するなど、様々なアイデアが盛り込まれ、当時では破格のスペックとなる95dB/W/m・最大許容入力100Wを実現。
      音決めにあたっては社内での音質評価に留まらず、店頭で如何にいい音がするかを研究すべく発売前から販売店に持ち回って意見を聞いていて、発売前からすでに販売店で話題となったという。

    • 02 CP-490F
        [エレクトロニックサーボモーター フルオートプレーヤー]

      発売:1980年
      価格(当時):¥29,800



      フルオート方式のレコードプレーヤー

      ターンテーブルにアルミダイキャストを使用しストレートアームを採用、コンパクトで操作性の高いモデル。システムコンポ「ライセンスシリーズ」としてラインアップされヒットした。


    • 03 Integra A-817
        [Wスーパーサーボ方式ステレオアンプ]

      発売:1980年
      価格(当時):¥69,800

      Wスーパーサーボ技術で一世を風靡したプリメインアンプ

      アンプ内部で発生する不要信号を除去し、音楽信号のみを純粋に増幅するダブルスーパーサーボアンプやA級パワーアンプに匹敵するリニアスイッチング回路、MC,MM両方のカートリッジに対応可能なカートリッジセレクター等を特長とする。
      1980年代のオーディオブームの幕開けとなった大ヒット製品で、以降817シリーズとして後継機種を数多く輩出。メリハリのあるクリアな音質が高評価を獲得した。

    • 04 TA-W880
        [ハイスピード・ダビングカセットテープデッキ]

      発売:1981年
      価格(当時):¥72,800

      世界初、高速録音可能なダブルカセットデッキ

      発売当時コンシューマー用では世界初となる、2倍速ダビング機能搭載。自動連続再生、同時ミキシング再生など、多彩な機能と優れた性能で、後の多くのダブルデッキに影響を与えた。


    • 05 X-NFR7TX
        [CD/SD/USBレシーバーシステム]

      発売:2016年
      価格:オープン価格

      ※「CD」「リモコン」付き

      ハイレゾ対応の本格オールインワンコンポ

      FRシリーズは1998年に初号機が誕生して以降、20年以上時代のニーズに応じて、搭載するメディアを変えながらもFRシリーズの基本コンセプトは決して揺るがず、現在に至るまで脈々と受け継がれる定番機。
      2016年に発売された当モデルは、USBメモリーでのハイレゾ音源(WAV/FLACの96kHz/24bitまで)の再生に対応。この他、CD/SDといったメディアの再生に加え、Bluetooth機能も搭載。あらゆる音楽データをハイクオリティに再生するため、ディスクリート構成のアンプ回路や巧みな振動コントロール技術など、ピュアオーディオ譲りの設計手法を採用。自社設計の本格スピーカーユニットを搭載し、クリアな中高域を実現した。